株式会社ウィズ T E L :03-5605-2521
Open :9:00~18:00
closed:sun and holidays
東京都江戸川区で28年カーテンやリフォームなどのお仕事をしている会社です。
一般家庭 店舗 オフィスの内装工事から本格的な防音工事までお任せ下さい。
シーガルフォー浄水システムの正規販売代理店でもあります。
▷Contact ▷Access
▷Company ▷経営理念
Home
トップページ
|Curtain
カーテン
|Reform
リフォーム
|SEAGULLⅣ
シーガルフォー
|Soundproof
防音工事専用HP
ブラインドの歴史 ブラインドの歴史:ブラインドの日除けとしての機能は、今からおよそ5000年前エジプトファラオ王朝時代に今のようなプラスチックやアルミ製ではなく
熱帯樹の葉を利用したり繊維でより合わせた葦を、戸口や窓辺にぶら下げていた、スクリーン状のもので強い日差しを遮り、
人目を避け通風を良くする工夫がなされていたといいます。
その後、ペルシア商人がこのスクリーン状のものを自国のペルシアで紹介し、その後、ブラインドは様々に変化・進化しながら
中世になってイタリア、ヨーロッパに広がり、イタリアのベニスでは、上から降り注ぐ太陽の光と下から照り上げる水の太陽光の反射の
両方を妨げるため重宝され、よこ型ブラインドの原型「ベネシャンブラインド」が生まれました。
ヨコ型のブラインドをベネシャンブラインド(ベネチアンブラインド)と呼ぶのはここから来ている。
その後、現在のアルミ製のべネシャンブラインドは1946年、アメリカのハンター・ダグラス社が開発・発売したのが始めです。
ブラインド業界のパイオニア的存在でもある。同社は現在はオランダに本拠を移している。
ベネシャンブラインド(横型ブラインド)の特徴 ベネシャンブラインド(横型ブラインド)一般的に【ブラインド】というと、この横型ブラインドの事を差します。
スラット(羽根)を回転させることで採光を自由に調節でき、窓からの光を優しくコントロールできます。アルミ・木・竹・樹脂・
レザーなどの素材があり、用途やお部屋にあわせて選ぶ事ができます。
以前は【ブラインドで遮光性は望めない】【ウッドブラインドは水廻りでは使えない】などが定番で言われていましたが、
最近では遮光性のブラインドや耐水のウッドブラインドが出来、使用場所の幅が格段に広がっています。
横型ブラインドスラット素材:アルミ素材の特徴 横型ブラインドスラット素材:アルミ素材:もっともポュラーな素材。スラットの加工がしやすので、
色は勿論の事、変形窓や今増えてきているスリット窓などにも対応可能です。
ちょっとマメ知識:遮光性のあるブラインドは、光が漏れる原因だった、昇降コードを通す穴を無くしたことで、
光漏れを少なくする事で実現しました。更に窓枠にガイドレールを取り付ける事で脇からの光漏れも防ぐ事ができます。
ちょっとマメ知識 ちょっとマメ知識:アルミ素材のブラインドの操作方法は、大体この2つのどちらか。
ポール&コード・ポールでスラットを回転してコードで昇降。ポールのみポール1本で昇降とスラット回転。
(ポールの中にコードが収納されている)。
横型ブラインドスラット素材:ウッド素材の特徴 横型ブラインドスラット素材:ウッド素材:アルミにはない温もりを感じさせる木製ブラインドは高級感も演出します。
最近はウッドの色目・木目などのバリエーションも増え、スラット自体にウェーブ加工を施した物もでてきました。
横型ブラインドスラット素材:バンブー(竹)素材の特徴 横型ブラインドスラット素材:バンブー(竹)素材:
ウッドとはまた違う優しい雰囲気のあるブラインドです。
竹の風合いが美しくモダンにもナチュラルにもあい、
和室にもおすすめです。
横型ブラインドスラット素材:レザー素材の特徴 横型ブラインドスラット素材:レザー素材:
アルミスラットにレザーを施した物。
一つ上の高級感が演出できます。
バーチカルブラインド(縦型ブラインドの特徴 バーチカルブラインド(縦型ブラインド)布などでできた細い帯状のルーバー(羽根)を垂直(バーチカル)に並べて
取り付けたブラインドで左右に開閉するタイプです。
普通のブラインドと同じように、ルーバーを回転させることで、日照や視界をコントロールすることができ、開閉操作が手軽です。
ルーバーはカーテンと同じように左右、もしくは片側に寄せてたたむことができるので、出入りするときに全開にしなければならない
普通のブラインドと比べ便利です。
高さのある大きな窓などに適していて、垂直にまっすぐなラインをもつため、室内にシャープでモダンな印象を与えてくれます。
縦型ブラインドルーバー素材:布素材の特徴 縦型ブラインドルーバー素材:布素材:定番の素材です。
縦型ブラインドと言えば無地というイメージが強いですが、色柄共に増えルーバーの形も波型や幾何学的な形なども物もあります。
縦型ブラインドルーバー素材:ウッド素材の特徴 縦型ブラインドルーバー素材:ウッド素材:縦型ブラインドには珍しいウッド素材の物もあります。
(タチカワブラインド工業(株) ラインドレープ【マデラ】シリーズ)材質は天然木(アバチ材)を使用しています。
縦型ブラインドルーバー素材:アルミ素材の特徴 縦型ブラインドルーバー素材:アルミ素材:アルミのルーバーにパンチング加工を施した物で
採光と眺望を確保できるので、レースのように使用できます。
圧迫感がないので、空間の間仕切りとしてもおすすめです。水拭きもできるのでメンテナンスが楽です。
縦型ブラインドって操作方法が色々あって分かり辛い!! 縦型ブラインドって操作方法が色々あって分かり辛い!!:
縦型ブラインドの操作方法が分かり辛いという声が多いので国内主要3メーカー【タチカワ】【TOSO】【ニチベイ】の製品の特長と共に
操作方法をまとめてみました。
スタイルの特徴 スタイルの特徴:【タチカワブラインド】「シングル」と「アンサンブル・ペアタイプ」と
「アンサンブル・2wayタイプ」の3種類
「アンサンブル・2wayタイプ」はカーテンに近い操作性が特徴。
「アンサンブル・ペアタイプ」はニチベイの「センターレース」同様ドレープ生地とレース生地が交互になるスタイル。
【TOSO】「シングル」の1種類。他2社と違い「シングル」のみだが、他2社には無い特徴として、ルーバーのレ-ザーカット
(デュアルシェイプ)はTOSO独自の技術として、根強い人気がある。
【ニチベイ】「シングル」と「センターレース」の2種類。特に「センターレース」はドレープ生地とレース生地が交互になるスタイルで、
調光やプライバシー確保が出来る画期的なスタイルとしてニチベイが初めて世に送り出したスタイル。
操作方法の特徴:各社共通【コード&バトン式】 操作方法の特徴:各社共通【コード&バトン式】
軽い力でラクに操作が出来るので、大きな窓に最適。開閉する時に、移動せずその場で操作ができるので、手前に家具がある場合に便利です。
操作方法の特徴:各社共通【バトン式】 操作方法の特徴:各社共通【バトン式】
出入りの多い窓に最適で、カーテンのようにサッと開け閉めできます
各社独自の操作方法 各社独自:【タチカワブラインド】「ワンチェーン式」チェーンだけで開閉とルーバーの角度を調整します。
高窓でも簡単に操作でき、見た目もすっきりと納まります。
移動せずその場で開閉できるので幅の大きな窓にもおすすめです。
【TOSO】「バトン追加(両開き)」:操作バトンによる左右両側からの中央寄せが可能です。
※片側に全て寄せることはできません。ルーバーの角度調節は全体を一度に行います。※左右半分ずつの調整はできません。
「セパレート(両開き)」:操作バトンによる左右両側からの中央寄せが可能です。
※片側に全て寄せることはできません。ルーバーの角度調節は左右半分ずつ別々に、調節ができます。
※全体を一度に調節することはできません。「※オプションの為、両方追加料金がかかります。」。
【ニチベイ】「両側開閉操作反対寄せ」:左右どちらからでも開閉操作ができます。ルーバーは操作の反対側にたたみ込まれます。
左右から操作して、たたみ込みを中央にすることも可能です(中央の図)。◎ルーバーの回転操作は左右どちらかになります。
◎ルーバーをたたみ込んだ状態で移動させることはできません。◎回転操作棒側が操作側となります。
「※オプションの為、追加料金がかかります。」

個人情報保護方針について © WITH Co.,Ltd. All rights reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated
without the express written permission of WITH.