株式会社ウィズ T E L :03-5605-2521
Open :9:00~18:00
closed:sun and holidays
東京都江戸川区で27年カーテンやリフォームなどのお仕事をしている会社です。
一般家庭 店舗 オフィスの内装工事から本格的な防音工事までお任せ下さい。
シーガルフォー浄水システムの正規販売代理店でもあります。
▷Contact ▷Access
▷Company ▷経営理念
Home
トップページ
|Curtain
カーテン
|Reform
リフォーム
|SEAGULLⅣ
シーガルフォー
|Soundproof
防音工事専用HP
機能性ブラインド 機能性ブラインド:ブラインドの遮熱について 機能性ブラインド:ブラインドの遮光について 機能性ブラインド:ブラインドのフッ素コートスラットについて 機能性ブラインド:ブラインドの光触媒スラットについて 機能性ブラインド:ブラインドの防炎防水について 機能性ブラインド:ブラインドの防炎防水について 機能性ブラインド「ブラインドの遮熱について」「ブラインドの遮光について」「ブラインドのフッ素コートスラットについて」
「ブラインドの光触媒スラットについて」「ブラインドの防炎防水スラットについて」「安全にブラインドを使うために」
機能性ブラインド:ブラインドの遮熱について「ブラインドでも『遮熱』はできます。」 機能性ブラインド:ブラインドの遮熱について「ブラインドでも『遮熱』はできます。」
『遮熱スラット』でも『遮熱』が可能に 「でも・・・なんかブラインドって遮熱のイメージないけど・・・」という方は多いと思います。
確かに昔はブラインドで『遮熱』は出来ませんでしたが、近年では『遮熱スラット』という物が開発されてブラインドでも
『遮熱』が出来る様になりました。
遮熱ブラインドの仕組み
『遮熱スラット』の特性 一般的に白やベージュといった薄い色は光を反射しやすく、黒やグレーといった濃い色は光を吸収しやすい性質があります。
『遮熱スラット』はこの白い色が持つ高い反射率と同様の塗料をコーティングし、光の反射率を高めたスラットを使用して、
室温の上昇を抑えて冷房効率を高め、電気代等の節約にも役立ちます。
一般のスラットと遮熱のスラットの反射率の違い 一般のスラットと遮熱のスラットの反射率の違い
■タチカワブラインドのT-5567(一般ベージュ)T-5336(一般グレー)とT-2567(遮熱ベージュ)T-2336(遮熱グレー)での比較。
■ベージュは色が薄いため、もともと高い反射率性能があります。
■グレーは色が濃いため、遮熱コートのスラットは赤外線反射率が29.1%→71.6%まで性能アップします。
反射率の違いの説明文
ページのトップへ ページのトップへ
機能性ブラインド:ブラインドの遮光について「ブラインドでも『遮光』はできます。」 機能性ブラインド:ブラインドの遮光について「ブラインドでも『遮光』はできます。」
光漏れを最大限に抑えた『遮光』ブラインド 「いやいや、これこそブラインドじゃ無理でしょ。」という方も多いと思います。
確かに昔はブラインドは製品の性質上、隙間などが生じやすく『遮光』というイメージは、ほとんど無いと思います。
が、こちらも近年光漏れを最大限に抑え『遮光』となる製品が出てきています。
遮光ブラインドの仕組み
一番大きな違いは、コードを通す穴があるか無いかです。 一番大きな違いは、コードを通す穴があるか無いかです。
穴をなくしたことでスラット間の隙間が低減し、夏は外からの熱い空気の流入を、冬は室内からの暖かい空気の流出を防ぎ、
高い省エネ効果も生まれます。
ちょっと残念ポイント ちょっと残念ポイント:光漏れを最大限に減らしはしますが、カーテンと比べてしまうと遮光性は低いです。
一般ブラインドと遮光ブラインドの比較
ページのトップへ ページのトップへ
機能性ブラインド:ブラインドのフッ素コーティングスラットについて「汚れをつきにくくし、お掃除が簡単になりますす。」 機能性ブラインド:ブラインドのフッ素コーティングスラットについて「汚れをつきにくくし、お掃除が簡単になりますす。」
フッ素コートの特徴 スラットにフッ素コートすると、ホコリやタバコのヤニや油汚れなども拭くだけで簡単に落とせます。
また日焼けによる退色やサビ・カビに強い特徴もあります。
フッ素コーティングスラットの効果。ホコリや汚れが付いても拭きとりやすい。 フッ素コーティングスラットの効果。ホコリや汚れが付いても拭きとりやすい。
ページのトップへ ページのトップへ
機能性ブラインド:ブラインドの光触媒スラットについて「光の力で汚れを分解。」 機能性ブラインド:ブラインドの光触媒スラットについて「光の力で汚れを分解。」
光触媒の説明図 光触媒の説明図「スラットの汚れ(有機物や細菌・臭い)がつく」
「太陽光や蛍光灯の光で、汚れや臭いを分解します。」
「簡単なお手入れで、スラットの綺麗を持続します。」
ちょっと残念ポイント ちょっと残念ポイント:ホコリなどの無機系の汚れは分解しません。
ちょっとまめ知識:光触媒とは? ちょっとまめ知識:光触媒とは?
「太陽光や蛍光灯に含まれる、紫外線や可視光線の光エネルギーを使って化学反応を起こす、触媒の総称です。」
光触媒の防汚効果(株式会社ニチベイ『酸化チタンコート』の実験結果) 光触媒の防汚効果(株式会社ニチベイ『酸化チタンコート』の実験結果)
たばこのヤニ、油汚れなど、スラットの汚れの原因となる有機物を酸化分解します。
●試験方法 ●試験方法
スタンプインキ(水性染料系)をスラット上に塗布し、約15cm離れた場所から、ハロゲンランプ(夏の晴れた日の可視光線相当量)を照射。
一般スラットと光触媒スラットの実験図 一般スラットと光触媒スラットの実験図
光触媒の防汚効果(株式会社ニチベイ『酸化チタンコート』の実験結果) 光触媒の防汚効果(株式会社ニチベイ『酸化チタンコート』の実験結果)
大腸菌、緑膿菌などの細菌類やカビなどを強力に酸化分解。常に清潔さを保ちます。
●試験方法 ●試験方法:試験片上に試験菌液(大腸菌・黄色ブドウ球菌)を滴下し、フィルムにより試験片全面に密着させ、
35℃で24時間保存後、光照射し生菌数を測定(光源として白色蛍光灯を3本使用)。
一般スラットと光触媒スラットの実験図 一般スラットと光触媒スラットの実験図
ページのトップへ ページのトップへ
機能性ブラインド:ブラインドの防炎防水について「防水と防炎:木製ブラインド含む」 機能性ブラインド:ブラインドの防炎防水について「防水と防炎:木製ブラインド含む」
「普通のブラインドなら分かるけど木製で防水?防炎?」確かに・・・。でも、あるんですよ木製ブラインドで、『防水』『防炎』。ただ「木製」というより・・・・・、下の詳細をご覧ください 「普通のブラインドなら分かるけど木製で防水?防炎?」確かに・・・。
でも、あるんですよ木製ブラインドで、『防水』『防炎』。ただ「木製」というより・・・・・、下の詳細をご覧ください
防水・防炎についての詳細
通常のアルミブラインド 木製ブラインド 通常のアルミブラインド
基本的には水に強いので大幅な違いはありませんが、ヘッドボックス(上の機械がある所)や、ボトムレール(下の太い部分)が
「アルミ」や「ステンレス」のサビに強い素材になっている。基本的には燃えやすい素材という物がほとんどない。 木製ブラインド
実はスラットは「木」ではなく『樹脂製』。なので水にも火にも強いのです。実際は『木製風』ですね。
ヘッドボックスなどはアルミブラインドと同様にサビに強い素材になっています。
ページのトップへ ページのトップへ
安全にブラインドを使うために。 安全にブラインドを使うために。
日本ブラインド工業会(加盟4社タチカワ、トーソー、ニチベイ、東京ブラインド) 日本ブラインド工業会(加盟4社タチカワ、トーソー、ニチベイ、東京ブラインド)
「日本ブラインド工業会では、小さなお子様がいるご家庭でも安心してブラインドやスクリーン類をご使用いただくために、
次の部品を整備しています。加盟4社(タチカワ、トーソー、ニチベイ、東京ブラインド)の製品は安全に配慮しています。」
● 解除ジョイント(セーフティージョイント● コード留め具(クリップ)。 ● 解除ジョイント(セーフティージョイント)子供の体重がかかると外れる部品です。
● コード留め具(クリップ)コードやチェーンを束ねる部品です。
子供の手の届かない位置で束ねることにより事故を防止する効果があります。
警告:子供は思わぬ行動を取ります。 警告:子供は思わぬ行動を取ります。大人の常識は通用しません。子供をコードやチェーンで遊ばせないように注意してください。
警告 警告:コードやチェーンが体に巻きついたり、引っかかるようなことをしないでください。事故の恐れがあります。
警告 警告:小さなお子さまがいるご家庭では、ブラインドやスクリーンのコードやチェーン類の近くにソファーやベッドを置かないでください。
ソファーやベッドに上がれば手が届き、事故の恐れがあります。
セーフティージョイントやクリップをご使用になっても、事故が完全に回避されるわけではありません。コードやチェーンの危険性を十分に認識したうえでご使用をお願いします。 セーフティージョイントやクリップをご使用になっても、事故が完全に回避されるわけではありません。
コードやチェーンの危険性を十分に認識したうえでご使用をお願いします。
ページのトップへ ページのトップへ

個人情報保護方針について © WITH Co.,Ltd. All rights reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated
without the express written permission of WITH.