株式会社ウィズ T E L :03-5605-2521
Open :9:00~18:00
closed:sun and holidays
東京都江戸川区で28年カーテンやリフォームなどのお仕事をしている会社です。
一般家庭 店舗 オフィスの内装工事から本格的な防音工事までお任せ下さい。
シーガルフォー浄水システムの正規販売代理店でもあります。
▷Contact ▷Access
▷Company ▷経営理念
Home
トップページ
|Curtain
カーテン
|Reform
リフォーム
|SEAGULLⅣ
シーガルフォー
|Soundproof
防音工事専用HP
エコ時短TOP
 ガラスフィルム
リフォーム エコ時短 ガラスフィルム
飛散防止
地震や台風などの災害対策に
ガラスが割れても破片が
飛び散りにくく、二次災害を
軽減する事ができます。
UVカット
紫外線を99%以上カット
家具や床材などの日焼けによる
退色を軽減する効果があります。
遮熱
省エネ効果をアップ
日射しに含まれる赤外線を遮蔽し
エアコン効果がアップ。
省エネ効果が期待できます。
まぶしさ緩和
強い日差しをやわらげる
室内への日射しの入りをやわらげ、
まぶしさを抑える効果があります。
低放射
夏も冬も省エネ効果をアップ
夏も冬も省エネ効果がある、
高機能フィルムです。
昆虫忌避
昆虫を寄せ付けにくい
UVカット効果により紫外線に
向かって飛来する昆虫を
寄せ付けにくい効果があります。
リフォーム エコ時短 ガラスフィルム
太陽光線のエネルギー比率
可視光線 45%
赤外線  50%
紫外線   5%
熱は遮っても光は遮りません
夏の暑さを低減し、
紫外線(UV-A・UV-B)を
99%以上カットします。
電磁波透過
携帯電話やGPSに影響を与えません
紫外線カットする
事により屋内の明り
を目掛けて飛来する
虫を寄せ付けにくく
します

リフォーム エコ時短 ガラスフィルム 警察庁、国土交通省、経済産業省および関係する民間団体で構成される 「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」では、 防犯性能試験において5分以上侵入を防ぐことのできるものを、 「防犯性能の高い建物部品」と定め、その目録を公表しています。 [防犯性能の高い建物部品目録]に掲載された部品には、 「CPマーク」(Crime Prevention=防犯)を表示することができます。
防犯
フィルムでガラス窓をガード
「ULTRA S2200」と「SH15CLAR-A」は、
破られにくい強靱なフィルムで
5分以上侵入を防ぎます。
CPマーク
「ULTRA S2200」と「SH15CLAR-A」は
3M™スコッチティント™ウインドウフィルム製品です
空巣の侵入口で、もっとも多いのは『窓』
一戸建て共同住宅(4階以上)ともに、空巣被害の55%以上が『窓』からの侵入です。
一戸建て住宅における侵入口
(平成22年度)
共同住宅(4階建以上)における侵入口
(平成22年度)
リフォーム エコ時短 ガラスフィルム
 窓
60.9%
 窓
55.3%
表出入り口
 14.6%
表出入り口
 35.9%
 その他
出入り口
 35.9%
 その他
出入り口
  17%
その他不明
 7.4%
その他不明
 7.5%
窓からの侵入による空巣被害で、最も多いのが『ガラス破り』続いて『無施錠』
『ガラス破り』とは・・・窓や扉のガラスを割り、そこから手や針金などを突っ込んで錠前を開ける手口です。
「焼き破り」「切り破り」「こじ破り」などいろいろな割り方別に手口があります。
「焼き破り」・・・ガラス面に火と水で急激な温度差を発生させてガラスに穴を開ける。
「切り破り」・・・ガラス切り等の用具を用いて窓ガラスを切り破る。
「こじ破り」・・・窓の鍵のあたり小さな穴を開けて、そこから棒などを入れて解錠する。
侵入をあきらめる時間は5分以内が約70%
リフォーム エコ時短 ガラスフィルム
2~5分以内
 51.4%
2分以内
17.1%
5~10分以上
 22.9%
10分以上
 8.6%
犯行をあきらめる時間
侵入までに時間がかかる事を、分からせる事も
犯罪を未然に防ぐ為の有効な手段です。

 防犯システムを導入している事が分かるようにする
 センサーライトを設置する
 CPマーク製品の導入(※)
※CPマークとは?
CPマーク
警察庁、国土交通省、経済産業省および関係する民間団体で構成される 「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」では、 防犯性能試験において5分以上侵入を防ぐことのできるものを、 「防犯性能の高い建物部品」と定め、その目録を公表しています。 [防犯性能の高い建物部品目録]に掲載された部品には、「CPマーク」(Crime Prevention=防犯)を表示することができます。
CPマーク貼付条件
 フィルムが防犯性能を発揮するためには、十分な水抜き作業を含む当社指定の施工方法に則って専門技術者による施工が必要です。

 ウインドウフィルムの貼付に用いる接着剤は、ウインドウフィルム工業会が指定するものとすること。
上記のほか、施工・使用に関する条件については、ウインドウフィルム工業会が規定・推奨する基準によること

 防犯フィルム施工技能者の認定を受けたものが、日本ウインドウ・フィルム工業会が発行する
「防犯用ウインドウフィルム標準施工要領」に従い施工した防犯用ウインドウフィルムにCPマークを貼付することとしています。
施工の際の注意事項
 フィルムが防犯性能を発揮するためには、十分な水抜き作業を含む当社指定の施工方法に則った専門技術者による施工が必要です。

 施工後の養生期間は1ヶ月程度必要です(冬季や空気が滞留しやすい場所などでは2ヶ月程度必要です)。
養生期間中は本来の性能を発揮しません。

 フィルムの防犯性能とは侵入にかかる時間を長引かせる効果で、完全な侵入阻止を保証するものではありません。
防犯性をより高めるために、必ず補助錠を1つ以上設置してください。また、セキュリティシステムの併用もお奨めします

個人情報保護方針について © WITH Co.,Ltd. All rights reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated
without the express written permission of WITH.